HOME > パイロゲンの飲み方・使い方

パイロゲンの飲み方・使い方

パイロゲンの飲み方、使い方のヒントをご紹介します。「パイロゲンってどうやって飲んだらいいの?」「いろいろ使えるって聞いたけど、どうしたらいい?」など疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

パイロゲンの賞味期限や保管方法についてこちらをご覧ください。≫ パイロゲンの保管方法について

パイロゲンの飲み方

基本的な飲み方

パイロゲン 基本の飲み方
  • 薄めずストレートでお飲みいただけます。
  • お好みに合わせて水やお湯で割っても結構です
  • 飲み方や飲む量、時間に決まりはありません。お好きなときにお好きな量をお召し上がりいただけます。
    (ご参考:朝昼晩にコップ1杯ずつ程度を飲まれる方もいらっしゃいます。また、1日で900mlパックを飲みきる方もいらっしゃいます)
  • パイロゲンは4種類あり、それぞれカロリーや内容成分が異なります。パイロゲンの種類は、お口や体調に合うものをお選びください。≫ パイロゲンの種類について((株)赤塚WEBサイト)

おいしい飲み方いろいろ

パイロゲン おいしい飲み方いろいろ
  • パイロゲンを炭酸水で割ってもおいしくお飲みいただけます。
  • 牛乳とパイロゲンを2:1で混ぜるだけで、ヨーグルト風のデザートに。牛乳が苦手なお子様にいかがですか?
  • サワーの代わりに焼酎のパイロゲン割りはいかがですか?
  • 野菜ジュースやスムージーにパイロゲンを混ぜてみてもおいしいです。
  • 濃いめのパイロゲンが飲みたいときは、いつものパイロゲンに濃縮スティックをプラス!
  • ほかにも、オレンジジュース×パイロゲン、パイナップルジュース×豆乳×パイロゲン、トマトジュース×パイロゲン、生姜ジャム×パイロゲンのお湯割り…、などいろいろお試しください。

健康にご不安をおもちの方へ

  • 薬を服用されている場合は、薬の成分に影響を与えないようパイロゲンとは間隔をあけることをお勧めします。
  • 糖尿病などで食事制限(カロリー制限など)を受けられている場合は、お医者様の指示に従い、制限範囲内でお飲みください。
  • パイロゲンは医薬品とは異なるため、他の健康食品と同様、病気の治療を目的とする飲み物ではございません。健康にお悩みをお持ちの方は、治療の機会を逃さないためにもお医者様などの専門家に相談するなどして、慎重にご判断いただいたうえでパイロゲンを健康維持にお役立てください。

お料理でのパイロゲンの使い方

パイロゲンはお料理に大活躍。ぜひ使いこなしてください。パイロゲンを使ったレシピ集はこちらからご覧ください。
≫ パイロゲンクッキング

パイロゲン キッチンでの使い方

1. 赤キャップ1杯のパイロゲンを入れましょう!

ご飯を炊くときや、煮炊きをするときには、赤キャップ1杯のパイロゲンを入れましょう。(赤キャップ1杯は約5.5ccです。ペアパックのキャップ1杯は約2ccです)

2. アトマイザーでスプレーしましょう!

お肉や魚(刺身も)にパイロゲンをスプレーしましょう。
((株)赤塚で取り扱っているアトマイザースプレーは、6回プッシュすると約1ccとなります。1プッシュあたり0.16~0.18cc)

3. パイロゲン希釈水を活用しましょう!

調理する前の野菜やフルーツをパイロゲン希釈水に浸けましょう。

パイロゲン希釈水について・・・パイロゲン1ccに水を加え1リットルにすると1000倍希釈水となります。(飲みきった後の空パックに水道水を注いで満タンにして希釈水を作った場合、中にパイロゲンが残っているため、100~200倍の希釈水になることが多いようです)

(ご注意)

  • パイロゲン希釈水やパイロゲンを入れたアトマイザー(スプレー)は必ず冷蔵庫で保管し、ご自身の衛生管理のもと、変質したものを使用されないようくれぐれもご注意ください。 ≫ パイロゲンの保管方法について
  • アトマイザー(スプレー)は食品用のものをご使用ください。(株)赤塚でも販売しております。
  • アトマイザー(スプレー)は衛生的にご使用いただくため、毎日洗浄・乾燥させることをお勧めいたします。

キッチンでの使い方いろいろ(応用)

  • ご飯を炊くときに赤キャップ1杯
  • 味噌汁をつくるときに赤キャップ1杯
  • すべての煮炊きに赤キャップ1杯
  • たけのこをゆがく時に赤キャップ2~3杯
  • 肉や魚のミンチには赤キャップ1杯入れ、よく混ぜ合わせる
  • ぬか床の中に少量入れる
  • しょう油と合わせてドレッシングに
  • ピクルス、酢の物、南蛮漬けに
  • 野菜や果物のジュースに混ぜて
  • 肉類は原液をスプレーして調理
  • しょうゆ、ソース、マヨネーズなどの調味料に入れる
  • パンやケーキを焼くときに入れる
  • おもちをつくときに入れる
  • 食べ物や飲み物にスプレー
  • てんぷらやフライなどの揚げ物にスプレー
  • 魚を焼くときはスプレーしてから
  • 野菜や果物はパイロゲン1000倍希釈水に15分ほど浸ける
  • 野菜をゆがく時にパイロゲン1000倍希釈水
  • アサリの砂出しにパイロゲン1000倍希釈水と塩
  • カツオや昆布のダシとりにパイロゲン1000倍希釈水

パイロゲン 使い方ヒント集

「パイロゲン使い方ヒント集」はPDFファイルでもご覧になれます [PDF・1.2MB]